南の島で旅するように暮らす日々 by はま
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
はじめに
日々のこと
島の風景
島の行事・イベント
島であそぶ
島の味
島のお店
島の台風
島ならでは
喜界島
島のそとのシマ
おしらせ
大分
ベトナム
未分類
以前の記事
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 03月
最新のトラックバック
鳩浜のラーメン屋「ぶるはち」
from あまみ便りblog
シマのトップセールスマン..
from あまみ便りblog
久々の行動力!
from MT.FORTUNE
カリプソでガレット&クレープ
from MT.FORTUNE
ジャッジ ~島の裁判官 ..
from MT.FORTUNE
いろいろリンク
●これまでの
「あげーのしま奄美」
その1
その2

●瀬戸内町
瀬戸内町
こころゆったり島時間(加計呂麻島・請島・与路島)

●奄美大島の他市町村
奄美市
龍郷町
大和村
宇検村

●奄美のメディア
あまみエフエム ディ!ウェイヴ
南海日日新聞
あまみんちゅ.com


●奄美・沖縄つながり
Marine Station Blog
あまみ便りblog
海辺のさんぽCafe
奄美大島ダイビングサービスDive cico blog
奄美・加計呂麻島なんでもありBLOG
奄美大島☆撮影日記
奄美大島 スタジオーネのダイビング日記
ユルリ ビヨリ
徒然なる奄美
シマだより
チルチルCafe
奄美ふりかけ
37.6
なんくる主婦の年中わーばぐち
奄美カンポンLIFE
南の国から〜奄美カンポンライフ番外編
カメラと写真と奄美大島と
かなしゃる島blog
わん、ブラジルにいるっちょね
MT.FORTUNE
あまみエフエム ディ!ウェイヴ
奄美の島々の楽しみ方
ティギティギ
カフェあまんゆ
ジェラートとカフェとお花と子育て〜奄美大島から〜
奄美飯
Living Sculpture
ON THE ROAD
てげてげ撮影日誌
もばぴーが見た奄美
シアワセの瞬間
美乃里ママの奄美大島とダイビングと料理と育児日記
にこにこ島暮らし〜料理とオヤツと育児
ムル、ほこらしゃ日和
虹の島5マイル



●いろいろ
いつまでつづくかな日記
sabori/17.4Hz
Deburin's Blog
Jack in the box
[人往高処走、水往低処流]
パラダイス天竺夫婦日記
国内旅行ガイド 名勝・史跡★百景
こんなんでエエんかしら
 ̄(=‥=) ̄写真付★活動報告
kerokero diary
続 浮き沈みの毎日
まろっちのてげてげ日記2
G’sコラム アウトドアなブログ
Cheap memo
安曇野森人生活
安曇野カンポンLIFE
家島日和〜島人目線〜
おやっとさぁ〜鹿屋編「キャン太の旅」
てふてふEOS日記
てげてげ節
子連れでおでかけin鹿児島
OuiOui
いいコトバ
Love Love Sweets
キトノマメカの展示会ブログ
再現批評

はなひろガーリー

●ヤギさんつながり
はたかおりと羽太雄平、なな、むっくのおうち2
ファーム武岡物語


●お友だちの洋服屋さん
お洋服のセレクトショップ kitt



●奄美の食品・おみやげ瀬戸内町古仁屋の奄美物産


●黒糖焼酎を買うなら
卓ちゃんの瀬戸内酒販




瀬戸内町観光大使ぐっさんのアルバム。
「白い砂浜へ」は瀬戸内町をイメージ




奄美の暮しを感じる本



古仁屋名物「田原製菓」の黒糖かりんとう




ヤドリ浜のホテル
マリンステイション奄美



Copyright(c)はま All Rights Reserved.
お気に入りブログ
検索
タグ
(68)
(38)
(28)
(19)
(17)
(16)
(15)
(12)
(10)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:瀬戸内町 ( 68 ) タグの人気記事
与路島 雨とサンゴの石垣
一日中雨が降り続いた日曜日、
加計呂麻島を越えて
与路島へ行ってきました。
f0126607_037048.jpg



サンゴの石垣がとても美しく、
風情がある与路島。

国土交通省の島の宝100景に選定されています。
集落のみなさんが石垣の復元・保存活動に力を入れていて
この景観が守られているのです。

家の門がこんな石垣なんて素敵。
f0126607_0382816.jpg



大きさが違うのに見事に積まれている昔の人の知恵。
f0126607_0384492.jpg



人の背よりも高く積み上げられています。
f0126607_0445319.jpg

細長いのはハブの用心棒です。
サンゴの石垣はハブが棲みつくと言われてますが、
ま、そうそう出てきませんよ。
出てきたらこの用心棒で「エイ、ヤッ!」としてください。
私は焦ってできないと思いますけどね‥。



こんな小径も雰囲気があって好きです。
f0126607_0382091.jpg



f0126607_0434761.jpg



案内してくださった集落のみなさん、
本当にありがとうございました。


そうそう、この日
与路島からの帰り、
船(海上タクシー)からなんとイルカが泳いでいるのを発見!! 
4頭ぐらいだったかなー。

それまで寝ていて
船長の「イルカ!」の声で飛び起きたので
場所がいまいち分かりませんが、
あの背びれが海面にピョコンピョコンと飛び出しているのを見る感動といったら!

いやー、今年はいいことありそうです。
[PR]
by agenoshima | 2012-01-16 01:29 | 島の風景
2011 ありがとうございました
みなさま、
今年もお世話になりました。


2011年は、振り返るといろいろとあって、
考えることの多い一年でした。



2012年はまっすぐ、
いや、ちょっとでもいいから前に進んでいきたいものです。
f0126607_232309.jpg
請島の池地港にて。




こんな快晴の日のように、スカッと気持ちよくいきたいものです。
f0126607_2323968.jpg
12月17日、請島のミヨチョン岳にて。


ほとんど更新していないこのブログを
忘れずに見てくださっているみなさま。
本当にありがとうございます。

2012年は毎年言ってる気がしますがもっと更新します!



みなさま、よいお年を!
[PR]
by agenoshima | 2011-12-31 23:51 | 島の風景
11.02奄美南部豪雨災害
みなさん、おひさしぶりです。
半年以上ぶりの更新がこんな報告でなんなんですが‥。

ニュースなどで心配して
こちらを思いだしてくださるかたもいらっしゃるので‥
本当にありがとうございます。

11月2日、瀬戸内町での豪雨
清水集落にあるわが家は
高いところにあるので被害はありませんでした。

瀬戸内町古仁屋では
11月2日午前9時までの1時間に143.5mmの雨量を記録。

国内で観測史上9番目、
鹿児島県内では観測史上最多雨量とのことです。

朝方からものすごい降りかたをしているなーと思っていたら、
出勤準備してる朝8時前後はもう家から出られないほどの暴風雨で
家の周りがみるみるうちに冠水。

すぐ近所の友だちは今にも床上浸水しそうだと
ずぶれになりながら
うちに避難してきました(うちは高いとこなので)。

集落の細い路地は雨であっという間に埋まり、
目の前の細い川は、すぐにあふれました。

避難してきた友だちの家は、
あとちょっとで床上浸水だったそうです。
でも、清水で大きな被害はないと思います(清水:床上浸水3世帯→そのお宅に住めなくなったかたがいらっしゃいました・・・)。

とは言え、清水集落から古仁屋方面、嘉鉄方面の両方の県道が土砂崩れで通行止め。
(現在は古仁屋〜清水は片側通行可)

昨年の10.20奄美豪雨より
瀬戸内町での雨はひどく、
土砂崩れ、浸水などの被害はかなり出ているようです。
町全体としても人的被害は今のところ聞いていません。

嘉鉄集落、蘇刈集落、ヤドリ浜のほうへの道路は
土砂崩れがひどく

清水から嘉鉄への県道はまだ通行止めのままです。

・嘉鉄・蘇刈集落は床上浸水もかなりの戸数になるよう。
節子の知り合いの家も床上浸水したと聞いています。
断水、停電もあります。

・阿木名〜古仁屋も現在のところ通行止めのまま(11月3日17時より通行可)
加計呂麻島でも土砂崩れがかなりあります。

・古仁屋の「へき地診療所」では裏山の土砂が崩れて診療所内に入り込み、
職員と入院患者が避難しました(みなさん無事です)。

追記(11月3日18:45)
蘇刈嘉入、阿多地、須子茂、西阿室が孤立状態。
・蘇刈は全世帯床上浸水


瀬戸内町への道路状況は随時変わってくるので
鹿児島県の情報でご確認ください。

・鹿児島県 道路通行規制情報


町内みなさん状況を報告してくださってるので
そのリンクを貼っておきます(敬称略でごめんなさい)。

● 瀬戸内町の方のブログ ● 

古仁屋
「シマだより」 豪雨の痕(2)

「林健二あてらんブログ」 11月2日の記事11月2日の記事2

「シマのお茶屋さんのブログ」 シフォンケーキ休みます

「奄美大島ダイビングサービスDive cico」 かなり被害出てますね。

「徒然なる奄美」 古仁屋豪雨!!

「奄美発★katsudake happy life blog」 あれから大変な事に...

「☆LOVE&PEACE☆」 県内観測史上最大

「ショア釣行記 奄美編from team BIGBITE」 2011.11.2古仁屋集中豪雨


嘉鉄
「このゆびと〜まれ!!」 豪雨

「奄美南部☆ネプス気まぐれ日記」 冠水〜。


「みしょーれ 奄美」 豪雨被害にあってしまいました



嘉鉄、蘇刈、ヤドリ浜
「マリンステイション奄美ブログ」 大雨で土砂崩れ

蘇刈
「☆ぶりにんじょ家族日記☆」  感謝!! 感謝!!感謝ッm(_)m


久根津
「奄美大島ダイビングライフ アクアダイブコホロ」 豪雨


阿木名
「チルチルcafe」 お知らせ



加計呂麻島  諸鈍
「奄美・加計呂麻島なんでもありBLOG」 雨も止み、青空♪
「奄美・加計呂麻島なんでもありBLOG」 生間・諸数間も不通

加計呂麻島 渡連
「来々夏日記」 猛烈な観測史上最多の豪雨

加計呂麻島 諸数
「リキのちょいまじ加計呂麻!!」 身の危険!!

加計呂麻島 瀬相
「林健二あてらんブログ」 

加計呂麻島 伊子茂
「虹の島の5マイル」 豪雨の後!

加計呂麻島 西阿室
「キュンな日々」 大雨

加計呂麻島 薩川
「紫微鑾駕(しびらんか)へようこそ」 大雨の影響

加計呂麻島  集落?
「奄美カケロマシマ☆夜光貝ハンドメイドアクセサリーtiruco☆」

加計呂麻島  俵〜薩川
「ぷかぷかりんごだより」 加計呂麻島豪雨災害  俵〜嘉入間の道路について

加計呂麻島 西阿室〜嘉入
「ぷかぷかりんごだより」  加計呂麻島道路事情。西阿室〜嘉入間の道路について



以下は動画ニュースなど(いつまでリンクがあるか分かりませんが)。
KKBニュース

FNNニュース

NHKニュース


新聞サイト

asahi.com


南日本新聞 11.2付

南日本新聞 11.3付


まだまだ明日にならないと
本当の被害状況は分からないかも。


ともかく私たちは元気です!



追伸

(1)
11月3日(木)日テレ系のお昼のテレビ番組「ヒルナンデス!」で、
奄美大島への旅(後編)が放送されます!
みなさんぜひご覧ください!


(2)
2日から横浜ベイスターズが秋季キャンプ
奄美大島の名瀬で本日スタートしました!

瀬戸内町のような豪雨被害のない
奄美市名瀬では無事にキャンプイン、練習できていたようです。
ファンのみなさまご心配なく。

ホエールズ時代からファン歴20年以上。
私は何があろうともベイスターズを応援しつづける‥。
1998年の感動と興奮よ、再び!
[PR]
by agenoshima | 2011-11-02 23:52 | 日々のこと
加計呂麻島 徳浜の『鶴亀 畑cafe』
先週末は、加計呂麻島へ行ってきました。

須子茂や嘉入などいろいろ行って来たのですが
なぜか撮影した画像がいくつか壊れてて、
神さまものを撮ったからか?と心配になってます。
復活したらまた書きましょうね(たぶん)。

なので、最後に行った
徳浜集落にある『鶴亀 畑cafe(つるかめ はたけかふぇ)』さん。


もうね、入口の看板からやられます。
f0126607_22414768.jpg


こんなのとか、カワイクて。
f0126607_22421547.jpg



ご自分たちで建てたという小屋。
この建物を見ただけで胸が高まりますね〜。
f0126607_22422895.jpg



大きなデイゴの木にはブランコがあったり、
周りは緑いっぱいで気持ちイイのです。
f0126607_22425841.jpg



ドアもステキ。なんかこの金具使いに「萌え」ちゃいます。
f0126607_22432161.jpg



壁が取れるようになっている!  
流れる風がそよそよと、これまた心地イイ。
f0126607_22433833.jpg



本も興味深いものがならんでいます。
f0126607_22435342.jpg



お茶するつもりで来たので、
アンダーギーをオーダー。
f0126607_22444563.jpg



チャイと、加計呂麻島産黒糖を使った「黒糖ピーナツアンダーギー」。
f0126607_2244740.jpg

油で揚げたの?と思うぐらい、食感がサクッと軽くって美味しい!

一緒に行った方はマーマレードを注文してたので、
ひとつ交換してもらいました。
マーマレードも口の中で、さわやかな柑橘の香りが広がってたまりません。


お子さんの遊び場もあったり。
f0126607_22443560.jpg



大根が干してあったり。
こんな風景もいいよね。
f0126607_22442448.jpg



実はアンダアゲ(アンダーギーの奄美の言い方)を食べて帰るつもりだったのに
ゆっくりし過ぎて、
乗ろうと思っていた「フェリーかけろま」の時間に間に合わなかったんです・・・。

ぽっかりできた約2時間!

ならばつい先日始まったばかりという
「油そうめん」も味見しなきゃじゃな〜い♪と、
いったんお店を出たのに、再び戻ってきました。


「油そうめん」自家製野菜のサラダ付き。
写真は2人前を一皿にしてもらってます。
f0126607_22453892.jpg

体に優しい味付けで、加計呂麻の塩をちょこっとふってもコクが出て美味しい。
野菜たちもパリッと元気な、力のある味です。



もともと畑で作物を育てて、
その野菜を使ったお食事メニューを出して行きたいとのことだったので
これから少しずつメニューが増えるかもしれませんね。
楽しみです。
f0126607_22455879.jpg

パパイヤシェーク気になる!


このあと、自家焙煎オーガニックコーヒーを飲んで
さらにのんびりしちゃいました。
f0126607_22461177.jpg



徳浜の集落に入ってすぐにバス停のロータリーがあります。
海に向かって右の道へ。
「ヒロアイランドスタイル」や「さんご塩の工房」の方向です。
入口の大きなデイゴが目印。
f0126607_2246244.jpg



定休日や電話番号などは、
加計呂麻島のガイドなんでもあり姉さんのサイト『KAKEROMA.COM』
加計呂麻のお昼のページを参考にしてくださいね。


徳浜海岸にでて散歩して、
また戻ってお茶したり、食べたり。

とにかく、ゆっくりぼーっとできる空間。
トータル3時間ぐらいいたでしょうかね。あはは。


なんでもあり姉さん
連れていってくださってありがとうございまーす!
[PR]
by agenoshima | 2011-03-09 23:57 | 島のお店
瀬戸内町観光物産展 IN 尼崎
関西地方のみなさ〜ん、お知らせです!!

こんどの2月19日(土)・20日(日)
瀬戸内町 観光物産展 IN 尼崎 が開催されます。

f0126607_23501688.jpg

(以下、すべての写真は昨年のイベントの様子)

関西にはものすごくたくさんの奄美出身者・関係者がいるんです。

なかでも尼崎には特に多くのシマッチュが住んでいるとか。
そんな尼崎で開かれるこの物産展&観光PRは、とっても盛り上がるんですよー。

お近くにお住まいのかたは、
ぜひお立ち寄りください!

【 タイトル 】 

瀬戸内町 観光物産展 IN 尼崎
〜シマ(奄美大島)の香りをのせて〜

【 日時 】   
   
2月
19日(土) 12:00 〜 19:00
20日(日) 10:00 〜 16:30

【 場所 】   

兵庫県   阪神尼崎駅前広場 

【 目玉商品はコチラ! 】
・今が旬の「 奄美たんかん 」
・「 黒糖 」の実演販売
・島から直送のサトウキビをその場でしぼる新鮮「 サトウキビジュース 」

他にも

黒糖、島ザラメ、黒糖かりんとう、
がじゃ豆、じょうひ餅、よもぎ餅、アンダアゲ、
きび酢、天然塩、パパイヤ漬け、ニンニク漬け、ピーナッツ味噌、粒味噌、
つきあげ、粒ウニ、もずく、アオサ、サトウキビコンフィチュール、
パッションジュース、黒糖焼酎、ソテツ・・・などなど。

とにかく瀬戸内町の特産品がドドドーンと並びまーーす!

そして
特設ステージでは、シマ唄ライブなどもありますよ。


f0126607_23505439.jpg


この掲載している写真は、
昨年の2月に開催された様子。
こんな感じで2日間開催されました。

f0126607_23515996.jpg


関西に住んでいる瀬戸内町出身者の集まり「 関西瀬戸内会 」のみなさんが
「関西でもっと奄美を、 瀬戸内町をPRしたい!」と
島への熱い想いで大活躍してくださいます。

f0126607_0132290.jpg


f0126607_2353534.jpg


f0126607_23521159.jpg


f0126607_23533033.jpg


f0126607_23534449.jpg



この人気あるブースは・・・
f0126607_23563555.jpg


サトウキビジュース! 機械でその場でしぼりたて!
f0126607_23551355.jpg


若きシマ関係者もお手伝い
f0126607_23552140.jpg


そして、また人が集まってくるのは・・・
f0126607_2356384.jpg


黒糖づくりの実演!
f0126607_23562078.jpg


仕上げのかき混ぜまぜは、
島から行きます、若き職人さん!
f0126607_23595433.jpg


「じ、じ、じっーーー」と、見つめられてますねー
f0126607_001031.jpg


「ハイ、できたて黒糖の味見をどうぞ〜」。手が四方八方から伸びる伸びる
f0126607_003956.jpg



ステージでは、シマ唄のライブも。
f0126607_025313.jpg



奄美でおなじみ、
シマ唄のCDを出している「里 朋樹(さと ともき)」くん。
f0126607_032395.jpg


もちろん瀬戸内町出身で、
現在、関西の大学に通っているのでこの日もかけつけて唄ってくれました。
f0126607_033611.jpg


f0126607_041629.jpg


シマ唄が流れれば、踊りも始まります
f0126607_044382.jpg


f0126607_05675.jpg


f0126607_052744.jpg


f0126607_054683.jpg


f0126607_06339.jpg


f0126607_23535527.jpg


f0126607_23522079.jpg


観光インフォメーションコーナーもあり、
瀬戸内町の各種パンフレットなども設置。
食べ物に、唄に踊りにと、奄美大島の雰囲気がぞんぶんに味わえると思いますよ。


ぜひ「うもりんしょれよ〜〜(いらっしゃってくださ〜〜い)!」

瀬戸内町観光物産展 IN 尼崎
[PR]
by agenoshima | 2011-02-17 00:26 | 島のそとのシマ
加計呂麻島『西田製糖』で黒糖づくり sanpo
奄美大島も冬まっただ中。
この時期、奄美では製糖作業が旬を迎えています。
f0126607_171531.jpg


瀬戸内町でやっている「島案内人講座」の一環で、
加計呂麻島(かけろまじま)の佐知克(さちゆき)集落にある
『西田製糖工場』に行って、黒糖づくりを体験してきました。


サトウキビがうず高く積まれてますねー。
奄美の冬ならではの風景です。
f0126607_1705079.jpg



まずはサトウキビを圧搾機にかけて、
糖汁とバガス(搾りカス)に分けます。
バガスは糖汁を煮詰める燃料や肥料に使われるんだそう。
f0126607_172455.jpg



絞り出されたサトウキビの汁は、うすい緑色。
このまま飲むと草というか、竹のような味がします。
これがホースを通って、釜へ流れて行きます。
f0126607_1711087.jpg



釜でサトウキビを煮詰めていきます。
ものすごい湯気で、天井には湯気を逃がす工夫が。
でも、この湯気、ミネラルたっぷりだから顔にあたるとキレイになれるとか。
確かに西田製糖のおばちゃんは、お肌がしっとりツヤツヤなんですよね〜。
f0126607_1721882.jpg



サトウキビの汁には、固まりやすくするために石灰を加えます。
また石灰には不純物を排出させる作用があるんだとか。
f0126607_173963.jpg



アクを取って、煮詰めて煮詰めて。
濃度をどんどん高めていきます。
f0126607_1731764.jpg



煮詰めきったものは、
ふだん工場では機械を使って撹拌するのですが、
この日は体験ですから釜と木の棒を使って人力で混ぜていきます。

空気を含ませるように!
どんどん固まっていくのでスピードが命です。
f0126607_1733412.jpg



いい具合になったら、ペタペタと広げて。
冷めると固くなって成型できないので
温かいうちにカットします。時間との勝負!
f0126607_1735466.jpg



コロコロと、ひと口大に。
まるでキャラメルみたいです。
f0126607_1735545.jpg



もったいないので、鍋底に残っているのも
きちんと剥がして粉砂糖として使いましょうね。
f0126607_1741030.jpg



みんなで袋詰めのお手伝い。
f0126607_174388.jpg


f0126607_1745722.jpg



西田製糖工場さん、お世話になりました!

みんなで作った黒糖。
お土産にいただきました。
このパッケージ、レトロで好きなんですよねー。
f0126607_178645.jpg



この時期でないと、見られない奄美での黒糖づくり。

夏だけじゃなく、
冬に奄美に遊びに来ても楽しいことがありますよ!
[PR]
by agenoshima | 2011-02-12 18:04 | 島の風景
2011 謹賀新年
2011年 
あけましておめでとうございます!

みなさま、今年もよろしくお願いいたします。
f0126607_2041592.jpg


昨年は、このブログもかなりのさぼりっぷり。
10/20の豪雨災害の報告のままで止まってしまい、
年末のご挨拶もしないままで失礼いたしました。

さて、写真は平成22年10月17日に撮った
瀬戸内町の加計呂麻島、実久(さねく)海岸でのひとコマ。

友だち姉妹が大分より遊びに来てくれたので
加計呂麻島を案内していたところです。

なんと、この3日後にあの奄美豪雨災害が!
この海の色を見ていると
ホント信じられない出来事でした。


豪雨災害の被害は少しずつ復旧していますが
奄美大島への観光客は減ってしまってます‥。

私的にも、公的にも
奄美にぜひとも遊びに来てほしいっっ!

今年は、いろいろな方に
奄美大島、そして瀬戸内町に目を向けていただくためにも
微力な存在ではありますが
もうちょっと更新していきたいと思います。

そうそう3月27日からは
福岡ー奄美大島のJAL直行便が就航します!


ということで、

「2011年は〜〜」
f0126607_2043221.jpg



「うも〜れ!(いらっしゃ〜い) 奄美」
f0126607_2045572.jpg

[PR]
by agenoshima | 2011-01-03 21:28 | 島の風景
奄美大島・瀬戸内町の大雨について / 追記あり
ごぶさたしております。
ひさしぶりのブログが大雨の報告になってしまいました。
こちらは元気に暮らしております。

今回の大雨ですが
住んでいる集落やわが家は何も被害なく、大丈夫。
食料もスーパーへ入荷してます。

瀬戸内町では
土砂崩れが多発してますが
人の被害はでていないです。

身近なところでは、
・マネン崎付近の道路が土砂崩れ。
 嘉鉄集落に住む知り合いは、
 マネン崎に車を置いて歩いて集落へ帰りました(翌日復旧)。


・節子集落に住んでいる知り合いの家が浸水、
 電化製品などすべて使用できなくなったそうです。

表に出てない被害がもっといっぱいあるんでしょうね・・・。



瀬戸内町の方のブログ 
■徒然なる奄美 →奄美豪雨!

■シマだより→奄美豪雨

■海辺のさんぽCafe→奄美豪雨災害・こちらは無事です。


加計呂麻島も被害が少ないようです。
■奄美・加計呂麻なんでもありBLOG→災害復旧関連HP等




■南日本新聞(鹿児島県の地方新聞)
「特集 奄美豪雨」 http://373news.com/_kikaku/amami_gouu/



#メモ
・25日(月)より、ゴミの収集再開。
・25日(月)夜になって、水道水の濁りがなくなってきた。
・20日(水)より停電となっていた瀬戸内町の2集落「嘉徳」「節子」が24日(日)に復旧。20日から丸4日も停電だったんですね。
・25日(月)現在、国道58号線の網野子付近は依然として全面通行止め。
   名瀬方面へは、篠川経由で通行可能。 
・ホノホシ海岸・ヤドリ浜へつながる蘇刈湾沿いの道路が陥没。
  大型バスは通れない状況です。
[PR]
by agenoshima | 2010-10-22 08:01 | 日々のこと
夏、古仁屋のお昼
7月15日、奄美地方も
長い長い梅雨がやっと明けました。

f0126607_22323938.jpg


例年より17日遅く、
統計史上、昭和58年と並び最も遅いとか。

f0126607_22332143.jpg



梅雨が明けると、
それはそれは強烈な日差しの奄美の夏。
昼間は、シマッチュは歩かないので街中はシーンと静まり返ってます。


あ、いたいた。まだまだ元気な中学生。
f0126607_2234896.jpg



写真撮ろうと思ったけど、
あまりに暑くてそうそうに退散した
真夏の土曜日、昼12時半過ぎ・・・。
f0126607_22342314.jpg


元気です。
[PR]
by agenoshima | 2010-07-21 22:49 | 島の風景
加計呂麻島 生間港での別れ
今頃ですが3月に撮った写真をアップ。

f0126607_21563531.jpg


スペースシャワーTVで4月27日に放送があった
「杉山ハリーのスペシャキャラバン ファイナル in 奄美大島」
ご覧になりましたでしょうか?

シマ唄の唄者である久田博法くんが
高校卒業を機に島を離れることを追ったドキュメント番組

f0126607_2245675.jpg


たまたま千葉から友だち家族が遊びに来てて
加計呂麻島を案内していたら、
ちょうどこの番組のロケをやっていたのです。

加計呂麻島からの
船でのお別れのシーンを撮影中でした。

f0126607_22381453.jpg


こうやって子どもたちが三味線持って
シマ唄をうたっているのが
いつもステキだなと思うのです。
ずっと引き継がれていってることが。

久田くんがいなくなってさびしいけど、
きっとまた次のシマ唄の上手な子が出てくるんだろう、
それもまた楽しみです。

f0126607_21565523.jpg


f0126607_2238298.jpg


f0126607_21564621.jpg


5月に再放送があるとのことですがまだ日時が分からないみたいですね。

それにしても1ヵ月足らずで
「行きゅんにゃ加那」を
三味線弾きながら唄った杉山ハリーさんも、スゴいですね。
[PR]
by agenoshima | 2010-05-03 22:45 | 島の風景