南の島で旅するように暮らす日々 by はま
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
はじめに
日々のこと
島の風景
島の行事・イベント
島であそぶ
島の味
島のお店
島の台風
島ならでは
喜界島
島のそとのシマ
おしらせ
大分
ベトナム
未分類
以前の記事
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 03月
最新のトラックバック
鳩浜のラーメン屋「ぶるはち」
from あまみ便りblog
シマのトップセールスマン..
from あまみ便りblog
久々の行動力!
from MT.FORTUNE
カリプソでガレット&クレープ
from MT.FORTUNE
ジャッジ ~島の裁判官 ..
from MT.FORTUNE
いろいろリンク
●これまでの
「あげーのしま奄美」
その1
その2

●瀬戸内町
瀬戸内町
こころゆったり島時間(加計呂麻島・請島・与路島)

●奄美大島の他市町村
奄美市
龍郷町
大和村
宇検村

●奄美のメディア
あまみエフエム ディ!ウェイヴ
南海日日新聞
あまみんちゅ.com


●奄美・沖縄つながり
Marine Station Blog
あまみ便りblog
海辺のさんぽCafe
奄美大島ダイビングサービスDive cico blog
奄美・加計呂麻島なんでもありBLOG
奄美大島☆撮影日記
奄美大島 スタジオーネのダイビング日記
ユルリ ビヨリ
徒然なる奄美
シマだより
チルチルCafe
奄美ふりかけ
37.6
なんくる主婦の年中わーばぐち
奄美カンポンLIFE
南の国から〜奄美カンポンライフ番外編
カメラと写真と奄美大島と
かなしゃる島blog
わん、ブラジルにいるっちょね
MT.FORTUNE
あまみエフエム ディ!ウェイヴ
奄美の島々の楽しみ方
ティギティギ
カフェあまんゆ
ジェラートとカフェとお花と子育て〜奄美大島から〜
奄美飯
Living Sculpture
ON THE ROAD
てげてげ撮影日誌
もばぴーが見た奄美
シアワセの瞬間
美乃里ママの奄美大島とダイビングと料理と育児日記
にこにこ島暮らし〜料理とオヤツと育児
ムル、ほこらしゃ日和
虹の島5マイル



●いろいろ
いつまでつづくかな日記
sabori/17.4Hz
Deburin's Blog
Jack in the box
[人往高処走、水往低処流]
パラダイス天竺夫婦日記
国内旅行ガイド 名勝・史跡★百景
こんなんでエエんかしら
 ̄(=‥=) ̄写真付★活動報告
kerokero diary
続 浮き沈みの毎日
まろっちのてげてげ日記2
G’sコラム アウトドアなブログ
Cheap memo
安曇野森人生活
安曇野カンポンLIFE
家島日和〜島人目線〜
おやっとさぁ〜鹿屋編「キャン太の旅」
てふてふEOS日記
てげてげ節
子連れでおでかけin鹿児島
OuiOui
いいコトバ
Love Love Sweets
キトノマメカの展示会ブログ
再現批評

はなひろガーリー

●ヤギさんつながり
はたかおりと羽太雄平、なな、むっくのおうち2
ファーム武岡物語


●お友だちの洋服屋さん
お洋服のセレクトショップ kitt



●奄美の食品・おみやげ瀬戸内町古仁屋の奄美物産


●黒糖焼酎を買うなら
卓ちゃんの瀬戸内酒販




瀬戸内町観光大使ぐっさんのアルバム。
「白い砂浜へ」は瀬戸内町をイメージ




奄美の暮しを感じる本



古仁屋名物「田原製菓」の黒糖かりんとう




ヤドリ浜のホテル
マリンステイション奄美



Copyright(c)はま All Rights Reserved.
お気に入りブログ
検索
タグ
(68)
(38)
(28)
(19)
(17)
(16)
(15)
(12)
(10)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タグ:島の味 ( 15 ) タグの人気記事
奄美料理と黒糖焼酎の『語久庵』:福岡
先月福岡に行った際、
奄美料理と黒糖焼酎のお店「語久庵」に行ってきました。
”ごくい”と読みます。
f0126607_11582819.jpg




天神駅からちょっと行った大名の一角に、
「れんと」や「里の曙」の幟、ずらりと並ぶ黒糖焼酎のビン。

数年前、たまたま大名をぶらぶらしてて見つけた時にはビックリしました。
「あれー、こんな所に奄美のお店があるのーー!?」って。
f0126607_11393871.jpg



ずっと行ってみたいと思っていたのですが
なかなかタイミングが合わず。
今回やっと念願かないました。

2004年のオープンしたこの語久庵さん、
オーナー中川大輔さんは福岡の出身。

奥さんが奄美大島の出身ということで、
ご夫婦で奄美にも数年住んでいたことがあるそう。
お話しすると、名瀬の人かと思うほど名瀬弁も上手というか、
ナチュラルシマグチ。

それだけに、島に対する想いや、
食材・黒糖焼酎にも、こだわりがスゴい!



店内もシマの雰囲気たっぷり。
シマ以上に、”シマらしい”んです。

黒糖焼酎の品揃えがとにかく豊富
f0126607_1145263.jpg





料理も、島の漁師さんから直送される新鮮な魚、
アオサや海ぶどう、パパイヤ、
もちろん鶏飯も!

奄美のコレ食べたい!と思うものがいっぱい。
メニューはこちら
島豚を奄美の塩などで食べるのも美味しかった。
f0126607_12235498.jpg





バイトの女の子が島でよく食べるマガキ貝を出す時に
「はい、こちらテラダでーーす」と出してきました。

私は「あれっ??」と思って、
「お姉さんは、島のかたですか? しかも古仁屋?」と聞いたら、
やっぱり瀬戸内町古仁屋の出身の女の子ミクちゃんでした。

マガキ貝は、奄美大島内でも言い方が違って、
北部では「トビンニャ」、
私が住む瀬戸内町など南部では「テラダ」と言うんです。

ミクちゃんは「いつもは『トビンニャです』って出すように言われてるんですけど、
お客さんが瀬戸内町から来てるって聞いたんで『テラダ』って言って出しました♡」と。

そうなんですよねー。
自分のとこはこういう言い方するんだって、重要な問題。
奄美大島でも方言が違って、
そのへんはみなさん譲れないところなんです(笑。
彼女だって、できれば「テラダ」って言って出したいんですよね。


話は戻って‥、

トイレの中も(失礼!)こんな感じ。奄美一色。
f0126607_11513274.jpg

しばらくいると、
「あれ? 私いま、名瀬の居酒屋にいるんだっけ?」と
思ってしまうくらいのシマっぽさ。



このお店では、物産展でシマ唄を披露してくれた
加計呂麻島出身の久田くんもバイト中。
ホールスタッフとして元気に働きながら、シマ唄もうたってます。
f0126607_11541263.jpg

彼を紹介するこんなフライヤーを貼ってくれてて嬉しいですねー。


待ってました! 久田くんの登場です。
f0126607_12415545.jpg




めずらしくシマ唄メドレーもやってくれて、
とにかく楽しかった!
f0126607_12434113.jpg
(photo by 矢野秀敏さん


最後は、六調で他テーブルの
お客さんもみんな交えてのダンシングタイム!

この日は、物産展のスタッフに加えて
福岡で働く女性たちも集まってくれました。
彼女たちは昨年の10月、加計呂麻島へモニターツアーで遊びに来てくれたメンバー。
福岡の雑誌「アヴァンティ」の誌面を見て募集してきてくれた方々です。
f0126607_124485.jpg

こうやって時間が経っても、
つながりが持てているってありがたいですね。


その場で初めて会ったお客さんも
”奄美”というキーワードで、すんなり話ができちゃう。
f0126607_13101324.jpg



シマと福岡をつなぐ、素敵な場所です。

福岡近辺のみなさん、
島が恋しくなったら、かけ込みましょう!
しばし奄美にトリップできます。


■ 語久庵  http://gokui.mailhaishin.jp/pc/index.html



かなり暗いですが、雰囲気が伝われば。
久田博法くんの「ほこらしゃ節」です。

[PR]
by agenoshima | 2012-02-09 13:44 | 島のそとのシマ
「瀬戸の灘」の看板
奄美群島のみで製造が許可されている黒糖焼酎。

瀬戸内町の焼酎と言えば
硬派なイメージの”天海の蔵”「瀬戸の灘」です。


その「瀬戸の灘」の看板を与路島で発見!
”西平酒造”時代のもので、しかも泡盛の文字が。
f0126607_028137.jpg


どうやら西平酒造は沖縄にルーツがあり
昔は奄美でも泡盛を作っていたみたいですね。



こちらは加計呂麻島の瀬武にあった看板。
同じく西平酒造で泡盛です。
f0126607_028754.jpg

この看板カッコいい!  欲しいです。

もっと他のデザインの看板があるのか
目を凝らして集落を歩かねば。



郷土料理の「味園」さんが大切に保存している
包み紙付きの昔の「瀬戸の灘」。
残念ながら焼酎は入ってないそうです。
f0126607_0433016.jpg

この包装紙がこれまた渋い!
またこの包装紙復活希望です。
[PR]
by agenoshima | 2012-01-17 23:55 | 島の味
九州ご当地グルメコンテストin福岡  奄美つきあげ出店!
福岡近辺にお住まいの方で
奄美の味、シマの味が恋しい皆さんにお知らせです。

今週末は天神のこのイベントにぜひご来場くださーい。

4月17日(土)・18日(日)
「第2回 九州ご当地グルメコンテストin福岡」


場所 : 福岡市役所前ふれあい広場 / 天神中央公園(瀬戸内町のブースはこちら)

オフィシャルサイト


なんとこのコンテストに
わが瀬戸内町から名物「つきあげ」が出店されまーーーす!
f0126607_235118.jpg

(photo by 古仁屋のべんじゃみんさん(あ、永山写真館さん)



「つきあげ」と言えば、古仁屋名物。

「上原かまぼこ」のおばちゃんたちが福岡に飛んで
現地で揚げたてを提供してくれます。

島産の赤ウルメのすり身をたっぷり使った「つきあげ」。

揚げたてアツアツのつきあげは
プリプリもちもちしてて、
とーっても美味しくて、たまりませんね〜。

ビールと一緒にハフハフっ〜!と味わってください。

他のご当地グルメも魅力的なものばかり。
私もアレとアレを食べたいなと妄想しております。

*   *

同時に瀬戸内町の物産販売ブースもあって
黒糖や天然塩、かりんとう、ふてぃもち、アンダアゲ、
きび酢、にんにく塩漬け、etc(まだまだあったと思います・・・)
たくさんのシマの味を楽しめます。

黒糖づくりの実演コーナーもありますよ。

そして、忘れちゃならないのが
中孝介くんプロデュース
あまみ黒糖生キャラメルも販売。


あと、前回ご紹介した
4月27日に
スペースシャワーTVで特集番組が放送されるシマ唄の久田博法君!

この久田くんが両日ともにシマ唄をステージで披露したり、
瀬戸内町のブースをにぎやかに盛り上げてくれます。

彼はこの4月から福岡の学校に進学してるんですねー。
ステキ♪

ね、これは観なくちゃそんですよ〜。
もちろん「つきあげ」を食べてくださいね。

■九州ご当地グルメコンテスト オフィシャルサイトhttp://www.kyushu-gc.jp/


ぜひぜひお近くのかたはご来場くださいねーーー!
[PR]
by agenoshima | 2010-04-16 02:41 | 島の行事・イベント
あまみシマ博覧会  てるおばのまぁさん島料理(シマジュリ)
f0126607_18253613.jpg


2月14〜28日に開催された「あまみシマ博覧会」
奄美大島の各市町村で39の体験プログラムがあり、
私はいくつか参加してきました。

これは瀬戸内町の加計呂麻島・諸数に住む
「てるおば」の島料理教室です。

「まぁさん、まーさん」=「おいしい」、
「シマ・ジュリ」=「島の料理」の意味。

手前が、てるおば。
f0126607_18261397.jpg


メニューは「ふてぃもち」「もっかの和え物」「油ぞうめん」。

「ふてぃもち」は
すりつぶしたヨモギがたっぷり、
黒糖、餅米などが入った私も大好きな島の味。
f0126607_18262695.jpg


サネン(月桃)の葉っぱでくるんで蒸します。
これがい〜い香りなんです!
f0126607_18263796.jpg


「もっか」はパパイヤのこと。
青いパパイヤを千切りにして、ちくわ、ワカメなどと一緒に和えました。
マヨネーズや白だし、そして胡麻の風味がきいてておいしかった。
f0126607_18271851.jpg


油ぞうめんはニラたっぷりでシンプルに。

最後はみんなで味見。
f0126607_1829026.jpg

てるおばたちが、
お手製の漬け物や芋餅天ぷらなどいろいろ作ってきてくれて
もうお腹いっぱい。

私以外は参加者はみなさんシマッチュ。
みなさんあらためて郷土料理の作り方を知りたいと
意欲的に参加されたばかりでした。

やっぱりお料理教室は
食べられるから(!?)楽しいなぁ。
[PR]
by agenoshima | 2010-02-16 23:23 | 島の行事・イベント
あずきがゆ
小豆のお粥。
f0126607_21392764.jpg


昼間は外を歩くと
溶けてしまうんじゃないかと思うほど、
スーパーストロングな奄美の日差し。

毎日、暑い!です。

そんな奄美で、夏になるとスーパーで良く見かけるモノ。

冷蔵スペースにならぶ「あずきがゆ」。
1個168円。
そう、ホットじゃなくて、コールド。
f0126607_21405575.jpg


最初、スーパーで見かけた時は、
お盆の時期に仏壇にお供えするためのものだろうなと勝手に思ってました。

ところが、夏の長い間ずーっと並んでる。
お供えにするには量も多い。

そこで島のかたに聞いたところ、
「あらっ、食欲のない時に、冷やしてお昼とかに食べると
サラサラーッと食べられておいしいのよ〜」とのこと。

「お粥=温かいもの」と思っていた私はビックリです。

奄美在住6年目の夏にして初めて
買って食べてみました。

お味は、    
とっても淡白。
お腹にやさしく、冷たいのですすっーーっと食べられる(飲み込める?)。
冷たい小豆のお粥だから、デザートのような感じもします。

この小豆がゆを買った奄美市名瀬のスーパー「グリーンストア」では
こんなポップが。
f0126607_2140819.jpg


106歳を訂正してるとこがカワイイ。
(後日、このお店に行ったら、ポップが新しくなっていました)
おじいちゃん、いつまでもお元気で!

※追記
この写真のおじいちゃん、里(さと)農吉さんというお名前。
たまたま昨日か今日の朝日新聞に載っていたみたいです!
『奄美の3兄妹、合計295歳!長寿の秘訣は「争わない」』
スゴい!


「冷たい小豆がゆ」は、
「ミキ」とともに、奄美の夏にかかせないようです。

スーパーごとに小豆の分量が違ったりするので、
この夏は小豆がゆの食べ比べをしてみようかな。
[PR]
by agenoshima | 2009-08-04 22:12 | 島の味
島ぬ宝 
ハゲ、ハゲ〜、かんしん〜。

中孝介 奄美大島シマ興しプロジェクト
『島ぬ宝 http://www.shimanutakara.com/』

あまみ黒糖生キャラメルのネット販売が6月中旬から始まるとのこと。

彼こそ「島ぬ宝」=「島の宝」ですね。
[PR]
by agenoshima | 2009-06-01 19:15 | 島の味
黒糖づくり
自家用に黒糖作っているかたがいます。

このころころした黒糖。美味しいんですよ。
f0126607_23111130.jpg


チョコレートフォンデュならぬ、黒糖フォンデュ。
このツヤツヤ! たまりませんね〜。
さとうきびの絞り汁を煮詰めたとろっとろの「さた(砂糖)湯」で。
f0126607_22571027.jpg




作っているのは87歳(だったかな)のこのかた。
ハンチングに柔道着。いつも裸足。
f0126607_22574941.jpg

ほんとカッコイイんです。
[PR]
by agenoshima | 2009-05-25 23:50 | 島の風景
今年もありがとうございました
奄美大島寒いです!

ふだん頻繁に更新しないのに、
こんな年の暮れも暮れに更新してます。

f0126607_2048247.jpg


毎年これだけは挑戦するのが
「ワンホネ(豚骨)とティバンシャ(つわぶき)の煮物」。
奄美大島で大晦日に食べる一品です。

昨年、自分で塩漬けしたほうがいい具合にできると教えていただいたのに、
準備が遅くて結局、塩豚を買いました。
しかも骨付きがもう売ってなかった・・・。
ワンホネじゃない!   
マシュワン? ワンマシュ?   (豚=ワン・ゥワァー、マシュ=塩)

ただの塩豚でツワブキと煮てます。
昨年は塩抜きが足りなく、
かなりしょっぱかったので今年は慎重に塩抜きしました。
が、お肉屋のおばちゃんが「あんまり塩抜きし過ぎてもダメよ」と。難しいですね。

ちゃんと食べるのはこれからですが、
味見した段階では「うーん悪くはないけど、何かが足りない」って感じです・・・。
本物をもっと食べないといけませんねー。
来年の課題です。(毎年言ってますね)



2008年も当ブログをごらんくださってありがとうございました。
かなりぼちぼち更新ですが、
来年もよろしくお願いいたします。

みなさまにとって2009年がよりよい一年になりますように。
よいお年をお迎えくださいねー!
[PR]
by agenoshima | 2008-12-31 21:03 | 島の味
水間黒糖 「黒糖 一等賞」
新糖の季節ですねー。

龍郷町をビッグ2に向けて走っていたら、
水間黒糖の前に大量のさとうきびの山があったので
ついつい、お店に入ってしまいました。

ビニール袋入り大きいほうの500g520円を購入。
小さいパックも売ってますよ。
商品棚に並んでいる黒糖はどれも味が違うから
それぞれに味見ができるようになってます。
サクサクだったり、しっとりだったり、
f0126607_1921181.jpg



お店の中では休むことなく作業を続けていて、
その様子を見るのが楽しいのです。
お、スゴい黒糖の塊が登場。
f0126607_19213677.jpg



これをペロリとはがすと板チョコのように。
このままカリッと贅沢に食べたいくらい、おいしそう!  
でも甘すぎますね。
f0126607_19215151.jpg




その塊をハサミでチョキチョキ小さくしていきます。
f0126607_19235348.jpg



ふぞろいの黒糖たち。
f0126607_1926611.jpg



ひさびさに立ち寄ったのですが、
あれ、こんな賞状前から飾っていたかな?と思い、撮影させてもらいました。
f0126607_19223584.jpg

整理をしていたら、どこからか出てきたそうです。
明治31年、砂糖品評会にて一等賞。

「一等賞」って響きがなんともかわいらしいですねー。

ここで買うと「はいはい、これ車で食べてー」と
おまけをいただくことがあります。
それが結構な量なんですよね(笑)。
お金払わなくっていいの?感じで、最初はめちゃめちゃ恐縮してたのですが
最近は「はいはい、どうもありがとねー」と、素直に気持ちよくいただけるようになってきました。
図々しくなってきたのでしょうか(笑)?
いやいや、それが島スタイルなのです。
[PR]
by agenoshima | 2008-12-08 21:27 | 島の味
島バナナ成長記録
いただいてから12日目。
島バナナ、食べごろになりました。
f0126607_22502828.jpg


10月2日にグリ工房さんちからいただいたもの。
サイズは1本10センチぐらい。
じっとガマンの子で家の中にヒモでぶらさげて待ってました。
(器はもちろんグリさんが作った器です)

ここまでくるとマスカットのようなフルーティな芳香が口のなかに広がり、
果実!という感じでとってもおいしいのです。

うーん、実は自信がありません。
このぐらいで食べていいのかどうか・・・。
もうちょっと黒々となるまで待ったほうがいいのか、もしかして遅いかも?




10月4日
鮮やかなグリーン。自然の色ってとっても美しいですねー。
f0126607_22504720.jpg




10月7日
下半分が熟れてきて黄色になりました。おもしろいですねー。
f0126607_22505952.jpg


きれいです。
f0126607_22511257.jpg





10月9日
ぜんぶ黄色になりました。
でもまだまだ。黒いシュガースポットが出てからが食べごろなので待ちます。
f0126607_22512455.jpg



この後、10月11日ぐらいから食べだしましたが、
まだちょっと早い感じでした。

そしてあっという間に全体的にシュガースポットが広がりました。
その変化のスゴさに驚きます。
朝と夜とではぜんぜん違う!

あまりにもグロテスクになってしまったので全体的な写真を撮らずに、
一番上の1本だけの写真になりました。
それがきょう、14日の状態です。いただいてから12日目。
こんなにシュガースポットが出てもなかはキレイな果実のままです。

ただシュガースポットが広がると
皮がとってもうすいのでその黒い部分が実にくっついてしまって
皮が剥きにくい。
うーん、もうちょっと早く食べるべきでしょうか?



今年は台風がほとんどこないので島バナナが豊作だそう。
お店で見た島バナナが思ったより安くてビックリしました。
それでも普通のバナナより高い、貴重なバナナです。
写真は古仁屋のお土産屋さん奄美物産にて。
通常、お店でもこうやって軒先などでつり下げて売ってます。
このへんは数千円単位ですよね。
f0126607_22582349.jpg




そうそう、奄美にも朝バナナダイエットブームが!
やっぱり島バナナは高いのでふつうのフィリピンバナナが安くて
夕方スーパーに行くと、フィリピンバナナは売り切れてます。

そんなとき、スーパーに珍しく島バナナがこんなパッケージに入って売ってました。
小さいサイズで10本ぐらい入ってたでしょうか。310円でした。
これもすぐ売り切れてましたねー。
f0126607_22514740.jpg


ちょっと高価ですが奄美の島バナナは豊富に出回ってますよ〜。
ぜいたくな島バナナダイエットいかがでしょうか?
[PR]
by agenoshima | 2008-10-14 22:55 | 島の味