南の島で旅するように暮らす日々 by はま
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
はじめに
日々のこと
島の風景
島の行事・イベント
島であそぶ
島の味
島のお店
島の台風
島ならでは
喜界島
島のそとのシマ
おしらせ
大分
ベトナム
未分類
以前の記事
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 03月
最新のトラックバック
鳩浜のラーメン屋「ぶるはち」
from あまみ便りblog
シマのトップセールスマン..
from あまみ便りblog
久々の行動力!
from MT.FORTUNE
カリプソでガレット&クレープ
from MT.FORTUNE
ジャッジ ~島の裁判官 ..
from MT.FORTUNE
いろいろリンク
●これまでの
「あげーのしま奄美」
その1
その2

●瀬戸内町
瀬戸内町
こころゆったり島時間(加計呂麻島・請島・与路島)

●奄美大島の他市町村
奄美市
龍郷町
大和村
宇検村

●奄美のメディア
あまみエフエム ディ!ウェイヴ
南海日日新聞
あまみんちゅ.com


●奄美・沖縄つながり
Marine Station Blog
あまみ便りblog
海辺のさんぽCafe
奄美大島ダイビングサービスDive cico blog
奄美・加計呂麻島なんでもありBLOG
奄美大島☆撮影日記
奄美大島 スタジオーネのダイビング日記
ユルリ ビヨリ
徒然なる奄美
シマだより
チルチルCafe
奄美ふりかけ
37.6
なんくる主婦の年中わーばぐち
奄美カンポンLIFE
南の国から〜奄美カンポンライフ番外編
カメラと写真と奄美大島と
かなしゃる島blog
わん、ブラジルにいるっちょね
MT.FORTUNE
あまみエフエム ディ!ウェイヴ
奄美の島々の楽しみ方
ティギティギ
カフェあまんゆ
ジェラートとカフェとお花と子育て〜奄美大島から〜
奄美飯
Living Sculpture
ON THE ROAD
てげてげ撮影日誌
もばぴーが見た奄美
シアワセの瞬間
美乃里ママの奄美大島とダイビングと料理と育児日記
にこにこ島暮らし〜料理とオヤツと育児
ムル、ほこらしゃ日和
虹の島5マイル



●いろいろ
いつまでつづくかな日記
sabori/17.4Hz
Deburin's Blog
Jack in the box
[人往高処走、水往低処流]
パラダイス天竺夫婦日記
国内旅行ガイド 名勝・史跡★百景
こんなんでエエんかしら
 ̄(=‥=) ̄写真付★活動報告
kerokero diary
続 浮き沈みの毎日
まろっちのてげてげ日記2
G’sコラム アウトドアなブログ
Cheap memo
安曇野森人生活
安曇野カンポンLIFE
家島日和〜島人目線〜
おやっとさぁ〜鹿屋編「キャン太の旅」
てふてふEOS日記
てげてげ節
子連れでおでかけin鹿児島
OuiOui
いいコトバ
Love Love Sweets
キトノマメカの展示会ブログ
再現批評

はなひろガーリー

●ヤギさんつながり
はたかおりと羽太雄平、なな、むっくのおうち2
ファーム武岡物語


●お友だちの洋服屋さん
お洋服のセレクトショップ kitt



●奄美の食品・おみやげ瀬戸内町古仁屋の奄美物産


●黒糖焼酎を買うなら
卓ちゃんの瀬戸内酒販




瀬戸内町観光大使ぐっさんのアルバム。
「白い砂浜へ」は瀬戸内町をイメージ




奄美の暮しを感じる本



古仁屋名物「田原製菓」の黒糖かりんとう




ヤドリ浜のホテル
マリンステイション奄美



Copyright(c)はま All Rights Reserved.
お気に入りブログ
検索
タグ
(68)
(38)
(28)
(19)
(17)
(16)
(15)
(12)
(10)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2008年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧
関空からハノイへ
10月16日(木) ベトナム1日目

いよいよベトナムへの旅立ちの日。前日は意外によく眠れました。
というのも、前々日に興奮してほとんど寝てなかったから(笑)。

朝7時過ぎに家を出発し、車で2時間弱かけて奄美空港へ。
奄美空港から鹿児島空港までが50分、
鹿児島空港から伊丹空港へ1時間10分。
そこから高速バスに約50分揺られて関西国際空港へ。
いやー、関空へ渡るが連絡橋(全長3.75km)が
古仁屋から加計呂麻を渡れるぐらい長いんじゃないかとビックリ。すごかった。

14時ちょっと過ぎには関空に到着し、ほっと一息。
機内食もすぐ出るだろうに、大阪に来たからと
「ぼてぢゅう」でお好み焼きを食べてしまいました・・・。

その後は本屋に寄ったり、
ユニクロ見たり、スタバで休憩したり(奄美にはないですからね!)。
ベトナムの通貨ドンへの両替は日本国内ではできないので
ひとまずアメリカドルに両替しておきました。

この日は平日だからか関空はものすごく人が少なくて、
とーってもゆったりして居心地がよかったです。

建物が美しい。
f0126607_16144198.jpg


空港内を電車に乗って搭乗口まで行きます。
f0126607_1613029.jpg


朝7時過ぎに奄美の家を出発して
やっとこさ約12時間後、
18時40分発(VN949/JL755)に乗り込みました。

ベトナムへは直行便で
関空からハノイのノイバイ空港までの飛行時間は5時間40分。

ベトナム航空に乗れると期待してたら、
なんとJALとベトナム航空の共同運行便ということで機体はJALでした。残念!
行く時からベトナムの雰囲気を味わいたかったのですけどねー。

でも、ひとり一人の座席にモニターが付いているので
映画、ゲーム、ニュース、音楽などを自分の好きな時に楽しめるのがいい!
日本未公開の映画が観られたりするのでお得です。
わたしはまずアメリカ映画「The Visitor(原題) 」を観ました。
しみじみといい映画で一人でグスグスと目を潤ませていたら
待望の機内食がやってきた!

機内食はハンバーグ。ハンバーグはなかなかおいしかったですよ。
c0093201_21121.jpg



観終わった後はちょっと寝て、
再び映画。今度は中国映画「公園」
こちらもとってもおもしろかったのに、
なんと「着陸態勢に入ります」ということで映画は途中でストップ。
全部観られずに悔いが残りました。
5時間40分って映画を2本観るには足りないんですね・・・。

現地時間の22時20分、ベトナムの首都ハノイ・ノイバイ空港に到着しました。
時差がー2時間なので日本時間では24時20分。
なんとほぼその日のうちに奄美からベトナムに行けたのです。
直行便を選んだのもできるだけ現地に長くいたいから。いやよかったー。

ハノイは首都ですが、人口はホーチミンのほうが多いし、だんぜん都会。
ハノイ・ノイバイ空港は、かなりこぢんまりとしてました。
同乗していた日本人のかたがたもビジネスマン風なかたばかり。
これがホーチミンだと女性同士の雑貨大好き!ショッピング旅行って
感じが多いんですけどね。
c0093201_2111291.jpg


ハノイは空港を一歩でても、
タクシーやシクロの客引きがぜんぜんいません。こりゃ拍子抜け。

今回は航空券+ホテルがセット、現地では完全フリーのパック旅行。
短期間だとこういうほうが安いですね。
しかもホテルと空港間は現地の方の送迎付きでラクラクー。

日本語のできる女性が迎えに来てくれて、
空港からハノイの中心部にあるホテルまで車で約50分を
ひたすら飛ばすドライバーとともに行きます。

もう外は真っ暗で景色は見えないのですが
後ろから「ビッーーー! ビッーーー!」と、けたたましいクラクションの音。
ものすごい数のバイクと車が私たちの乗った車をびゅんびゅん追い越して行きます。
しかもベトナムは右通行だから妙な感じ。

ベトナムは車よりもバイクの数がだんぜん多く、
しかも荷物をめいっぱい積むは、
HONDAのスーパーカブのようなバイクに一家4人
(子ども・お父さんが運転・子ども・お母さんの順番)で乗ってるはで、
メチャクチャなんです。

高速道路でこの状態だったので
冷や冷やする私たちに送迎ガイドのエンさんが
「コワイデスカー? ダイジョウブデスヨー」と言ってくれます。

ひさびさのアジアの洗礼と奄美からの長旅で
ホテルについてぐったり。
すぐに眠ってしまい、2日目を迎えるのでした。



ベトナム到着、一日目だけでこんなに長くなってしまいました。
こんな調子で最終日までたどりつけるかなぁ・・・。
最近もの忘れがはげしく、以前行った旅行も記憶がうすれているので、
今回はできるだけ記録に残したいなと思っています。

奄美のブログではありますが
興味のあるかたは、どうぞおつきあいくださいませ。


**

たまたま29日夜にNHKのBS2で
ベトナム映画「1735km」をやってて、
グッドタイミングとばかりに観てしまいました。
ハノイ、フエの王宮、ホイアンの街並とつい先日私たちがそこにいた風景が
そのまま映画に出ていて大興奮! 
今のベトナムの若い文化を感じられ、旅してるような気分になれる映画です。
f0126607_0572772.jpg

[PR]
by agenoshima | 2008-10-29 23:48 | ベトナム
シンチャオ!
この1週間ほどベトナムに行ってました。

写真は首都ハノイ。
ものすごいバイクの数です。
f0126607_1571891.jpg


ハノイ、フエ、ホイアン、そしてホーチミンと4都市巡り。
8〜9年ぐらい前にホーチミンだけ行ったことがあるのですが
その変容っぷりにビックリしました。
ものすごくキレイに、都会になってましたねー。

ベトナムはどこでも食べ物がおいしくて、
食べ過ぎでつねにお腹はパンパン状態。

そして、はしゃぎ過ぎたのでしょう、
帰国してどっと疲れがでています・・・。
もう無理できないお年頃なのに自分のキャパを分かってないんですね。

奄美に戻ってきたら、
昼間は変わらないぐらいなんですが
やっぱり奄美の夜はだいぶ涼しくなってきてますね。足が冷えます。


ちなみに明日26日の予想気温で見ると、
奄美
最高気温28℃ 最低気温21℃。

ホーチミン 
最高気温29℃  最低気温23℃

東京 
最高気温24℃ 最低気温18℃


ベトナムは南北に長いので気候もだいぶ違い、
一番南のホーチミンはかなりまだ蒸し暑く日差しも強かったです。
奄美と2〜3℃ぐらいしか変わらないなんて、おそるべし奄美大島!

23日に帰国したんですが、
関空から途中、梅田に寄って街をふらふらしたらかなり寒く感じました。
で、奄美空港に着いたらまたベトナムのようなむわっとした湿気が。
東南アジアを感じる奄美です。

写真が膨大にあるのでこれをどう整理&ブログで紹介したものやら・・・。
記憶が薄れないうちにやりたいと思います。

ではでは、シンチャオ!

シンチャオはベトナム語で
「おはよう、こんにちは、こんばんは、さよなら」となんでも使える挨拶です。

**

動画は写真と同じ場所です。
横断歩道の左側から渡ってくる人にご注目。


[PR]
by agenoshima | 2008-10-25 17:51 | ベトナム
NHKドラマ「ジャッジⅡ」本日スタート
あのNHKの土曜ドラマ「ジャッジ」のパート2が
いよいよ本日21時より放送開始です。

奄美に遊びにいらっしゃったお友だちのみなさん、
これを見て奄美を思い出してね。
まだのかたもこれを見て遊びに来たくなったら連絡くださーい。

「ジャッジ2 島の裁判官 奮闘記」 第一回「過信」

本日21時より、NHK総合です。
全5回!

ホームページもリニューアルされてます。
ENTERすると、ヤギがぴょんぴょんしてカワイイ!

ジャッジ2のホームページ
隠しページがいまいち分からない・・・。

スタッフブログもあります。

ホームページはこっているんですが、
放送日が急に変わったり、
「ジャッジ1」の再放送はBSハイビジョンのみだったり。
NHKは「ジャッジ」に力を入れてるのか,
入れてないのかよく分かりませんね・・・。

もちろん制作&スタッフ、
俳優陣はこの番組をかわいがってくれてる感じが伝わってきます。

とにもかくにも楽しみでーす!

**追記**

ただいま18時50分、
瀬戸内町古仁屋地区だけでしょうか?
「町内で撮影されたジャッジ2が25日9時よりNHKで放送されます」と
町内放送がありましたよ〜。
ということは瀬戸内町がいっぱい映ってるのかしらー。

瀬戸内町役場さんエラい! 
町のホームページにも「ジャッジ」の放送予定について記載がありましたね。
どんどん宣伝していきましょう。
[PR]
by agenoshima | 2008-10-25 16:29 | おしらせ
関東のみなさんへ 「工房からの風」
関東在住のみなさん、
この週末はこんなイベントに足を運んではいかがでしょうか?

      工房からの風 craft in action  

f0126607_2212562.jpg


現代の暮らしにひびく工芸・手仕事・クラフトなどが集まった野外展覧会で、
全国から公募により選ばれた若手工芸作家50人の作品が集まるそう。

陶磁、木工、ガラス、染織、金工、靴、ハンコなどジャンルはさまざまで、
作家による展示販売はもちろん、ワークショップ、
作り手と使い手の交流を大切にしているイベントみたいです。



**「 工房からの風 craft in action  」**

日時:10月18日(土)・19日(日) 10時〜16時30分
場所:千葉県市川市 ニッケコルトンプラザ




なんとこちらに奄美大島で木の器を作っている
われらがグリ工房さんが参加するのです! イエイ。

今回は最南端からの参加だそう! 
会場に行けないので遠く奄美から応援メッセージです。

ふだんブログを読んで気になっていたグリ工房さんの木の器たちが
いっぱい(作ったかな?)集まります。
もちろん作り手のグリさんと
かわいいブログを書く奥さんのキョウコちゃんもその場にいるので
いろいろと作り手さんとしての思いなどを聞けそうです。

まさに奄美の「グリ工房からの風」をそのまま市川に届けてくれるはず。

グリ工房さんのブログ



このイベント、グリさんたちが参加するからなのはもちろんなんですが
他の作家さんたちの作品もとっても気になります。

工房からの風のホームページや
このイベントを企画するディレクターの稲垣さんのブログを見ると、
どの作家さんの作品もステキなんですよねー。
シンプルで温かみのあるものばかり。テイストがとってもいいです。

■工房からの風のホームページはこちら→工房からの風

■稲垣さんのブログはこちら→director's voice
 ※グリ工房さんの紹介記事はこちら

いろいろな雑誌の最新号あたりにもインフォメーション記事が載ってますので
もしお手元にあったらチェックしてみてくださいね。

「うかたま」
「nid」
「天然生活」
「自休自足」
「チルチンびと」
「ソトコト」
「住む。」

この雑誌のラインがお好きなかたは
たぶん今回のイベントも興味が湧くんじゃないでしょうか。

ではでは、みなさまよい週末をお過ごしくださいね。
[PR]
by agenoshima | 2008-10-16 01:10 | おしらせ
島バナナ成長記録
いただいてから12日目。
島バナナ、食べごろになりました。
f0126607_22502828.jpg


10月2日にグリ工房さんちからいただいたもの。
サイズは1本10センチぐらい。
じっとガマンの子で家の中にヒモでぶらさげて待ってました。
(器はもちろんグリさんが作った器です)

ここまでくるとマスカットのようなフルーティな芳香が口のなかに広がり、
果実!という感じでとってもおいしいのです。

うーん、実は自信がありません。
このぐらいで食べていいのかどうか・・・。
もうちょっと黒々となるまで待ったほうがいいのか、もしかして遅いかも?




10月4日
鮮やかなグリーン。自然の色ってとっても美しいですねー。
f0126607_22504720.jpg




10月7日
下半分が熟れてきて黄色になりました。おもしろいですねー。
f0126607_22505952.jpg


きれいです。
f0126607_22511257.jpg





10月9日
ぜんぶ黄色になりました。
でもまだまだ。黒いシュガースポットが出てからが食べごろなので待ちます。
f0126607_22512455.jpg



この後、10月11日ぐらいから食べだしましたが、
まだちょっと早い感じでした。

そしてあっという間に全体的にシュガースポットが広がりました。
その変化のスゴさに驚きます。
朝と夜とではぜんぜん違う!

あまりにもグロテスクになってしまったので全体的な写真を撮らずに、
一番上の1本だけの写真になりました。
それがきょう、14日の状態です。いただいてから12日目。
こんなにシュガースポットが出てもなかはキレイな果実のままです。

ただシュガースポットが広がると
皮がとってもうすいのでその黒い部分が実にくっついてしまって
皮が剥きにくい。
うーん、もうちょっと早く食べるべきでしょうか?



今年は台風がほとんどこないので島バナナが豊作だそう。
お店で見た島バナナが思ったより安くてビックリしました。
それでも普通のバナナより高い、貴重なバナナです。
写真は古仁屋のお土産屋さん奄美物産にて。
通常、お店でもこうやって軒先などでつり下げて売ってます。
このへんは数千円単位ですよね。
f0126607_22582349.jpg




そうそう、奄美にも朝バナナダイエットブームが!
やっぱり島バナナは高いのでふつうのフィリピンバナナが安くて
夕方スーパーに行くと、フィリピンバナナは売り切れてます。

そんなとき、スーパーに珍しく島バナナがこんなパッケージに入って売ってました。
小さいサイズで10本ぐらい入ってたでしょうか。310円でした。
これもすぐ売り切れてましたねー。
f0126607_22514740.jpg


ちょっと高価ですが奄美の島バナナは豊富に出回ってますよ〜。
ぜいたくな島バナナダイエットいかがでしょうか?
[PR]
by agenoshima | 2008-10-14 22:55 | 島の味
ティーヤ
10月4日から5日にかけて
「ティーヤ」という集落の伝統行事がありました。

f0126607_22451293.jpg


これは毎年、旧暦9月6日から7日にかけてあり
無病息災、五穀豊穣などを祈願する行事。

「ティーヤ」は「つや」=「お通夜」から来ているとのこと。

集落の人たちが神社に集まり、
お酒を飲み楽しみながら夜通し過ごす。
そして早朝には独特の祭事が神社でとりおこなわれます。

昔は本当に徹夜してたそうなんですが、
いまは会社勤めの方も多いため(旧暦行事で平日の場合もあるので)
深夜1時2時ぐらいで終わるそうです。



まず旧暦9月6日の朝から婦人会は神社にお供えするお団子をみんなで作ります。
男性陣は(たぶん)神社のお掃除や準備。


わたし「お団子の写真を撮っていいですか?」
シマの姉さん「内地の人はなんでも珍しがって写真を撮るよ〜(笑)」 

わたし「あ、手元だけでいいですから(遠慮したつもり)」



シマの姉さん「なんで〜、顔を撮らんば〜!(顔を撮りなさいよ〜!)」
わたし「ハッ、ハイッーーー!」
f0126607_17455476.jpg



ころころ、かわいいお団子さん。
f0126607_17132375.jpg



茹でて、できあがり。
f0126607_17133981.jpg


この後、お昼になったら
神社の清掃が済んだ男性陣が公民館に戻り
婦人会が準備したうどんやおにぎりなどで昼食タイム。

わたしもいただきました。
島でよく出てくるうどんのスタイル。
このうどんがシンプルなんですが好きなんですよねー。
麺はふつうの麺に比べると細いもの。

この日の具は卵焼き、塩豚を砂糖醤油で煮たもの、つきあげ。
豚味噌、胡麻味噌などお茶請け味噌も並びます。

f0126607_18122261.jpg


どんぶりに汁がたっぷり、ではなくて、
ひたひたぐらいにスープを絡めました、という感じ。
スーパーの惣菜コーナーでも売ってたりしますが、
具はネギだけだったり。

重要なのは麺でしょうか。
この「ヒガシフーズ」の乾麺。
f0126607_17142219.jpg


「平(ひら)」と「丸(まる)」の2種類があります。
鹿児島県日置市の会社なので鹿児島でもよく食べるんでしょうか?
この日使った平麺はスープがよく絡んでいいみたいです。




昼食が済んだらいったん家に戻り、
夜は神社で食べたり、飲んだり、唄ったり。

・・・・してたそうなんですが、
私はその夜に神社で飲み食いするのを知らずに家でボケッとしてました。



明けて次の日、旧暦9月7日。
早朝6時頃に神社では独特の祭事が。

集落の人たちが「ヒヨヒヨ」と唱えながら社殿の回りを歩き、
ソテツの葉をちぎって社殿の中に投げ込むのです。

その葉っぱを10本1束にして、
100束(合計1000本!)になるまで集め、神前に供えます。
由来は定かではないそうですが
その昔、大火があり火の難をのがれるために「ヒヨヒヨ」と唱えるとか。

あとソテツの葉を1000本供える=子孫繁栄を願うみたいな意味があったと言う話も
聞いたことがあるような(でしたよね? 郷土館のMさん? たぶん読んでないと思うけど)。

そしてミキと供えていたお団子を集落のかたがたがもらいに来ます。
みなさんミキを入れる容器持参。
f0126607_17135480.jpg


またピンポン球大に分けたお米と塩も配ります。
これは魔除けの意味を持つそう。
特にお塩はみなさん「都会に住む子どもに送る」というほど大事なものとしていて、
みなさん家族の分のもれがないようにしっかりともらってました。
これにはビックリ。

丸一日に渡って行われた(私は途中の大事な部分を欠席しましたが・・・)
ティーヤも無事に終わりました。

こういう他の集落にはあまり知られてない行事って
まだまだいろいろあるんでしょうね。

f0126607_1714916.jpg

[PR]
by agenoshima | 2008-10-08 19:17 | 島の行事・イベント
10月5日 18時20分頃
f0126607_11144012.jpg


一日いい天気でした。

f0126607_11145466.jpg

[PR]
by agenoshima | 2008-10-05 23:57 | 島の風景