南の島で旅するように暮らす日々 by はま
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
はじめに
日々のこと
島の風景
島の行事・イベント
島であそぶ
島の味
島のお店
島の台風
島ならでは
喜界島
島のそとのシマ
おしらせ
大分
ベトナム
未分類
以前の記事
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 03月
最新のトラックバック
鳩浜のラーメン屋「ぶるはち」
from あまみ便りblog
シマのトップセールスマン..
from あまみ便りblog
久々の行動力!
from MT.FORTUNE
カリプソでガレット&クレープ
from MT.FORTUNE
ジャッジ ~島の裁判官 ..
from MT.FORTUNE
いろいろリンク
●これまでの
「あげーのしま奄美」
その1
その2

●瀬戸内町
瀬戸内町
こころゆったり島時間(加計呂麻島・請島・与路島)

●奄美大島の他市町村
奄美市
龍郷町
大和村
宇検村

●奄美のメディア
あまみエフエム ディ!ウェイヴ
南海日日新聞
あまみんちゅ.com


●奄美・沖縄つながり
Marine Station Blog
あまみ便りblog
海辺のさんぽCafe
奄美大島ダイビングサービスDive cico blog
奄美・加計呂麻島なんでもありBLOG
奄美大島☆撮影日記
奄美大島 スタジオーネのダイビング日記
ユルリ ビヨリ
徒然なる奄美
シマだより
チルチルCafe
奄美ふりかけ
37.6
なんくる主婦の年中わーばぐち
奄美カンポンLIFE
南の国から〜奄美カンポンライフ番外編
カメラと写真と奄美大島と
かなしゃる島blog
わん、ブラジルにいるっちょね
MT.FORTUNE
あまみエフエム ディ!ウェイヴ
奄美の島々の楽しみ方
ティギティギ
カフェあまんゆ
ジェラートとカフェとお花と子育て〜奄美大島から〜
奄美飯
Living Sculpture
ON THE ROAD
てげてげ撮影日誌
もばぴーが見た奄美
シアワセの瞬間
美乃里ママの奄美大島とダイビングと料理と育児日記
にこにこ島暮らし〜料理とオヤツと育児
ムル、ほこらしゃ日和
虹の島5マイル



●いろいろ
いつまでつづくかな日記
sabori/17.4Hz
Deburin's Blog
Jack in the box
[人往高処走、水往低処流]
パラダイス天竺夫婦日記
国内旅行ガイド 名勝・史跡★百景
こんなんでエエんかしら
 ̄(=‥=) ̄写真付★活動報告
kerokero diary
続 浮き沈みの毎日
まろっちのてげてげ日記2
G’sコラム アウトドアなブログ
Cheap memo
安曇野森人生活
安曇野カンポンLIFE
家島日和〜島人目線〜
おやっとさぁ〜鹿屋編「キャン太の旅」
てふてふEOS日記
てげてげ節
子連れでおでかけin鹿児島
OuiOui
いいコトバ
Love Love Sweets
キトノマメカの展示会ブログ
再現批評

はなひろガーリー

●ヤギさんつながり
はたかおりと羽太雄平、なな、むっくのおうち2
ファーム武岡物語


●お友だちの洋服屋さん
お洋服のセレクトショップ kitt



●奄美の食品・おみやげ瀬戸内町古仁屋の奄美物産


●黒糖焼酎を買うなら
卓ちゃんの瀬戸内酒販




瀬戸内町観光大使ぐっさんのアルバム。
「白い砂浜へ」は瀬戸内町をイメージ




奄美の暮しを感じる本



古仁屋名物「田原製菓」の黒糖かりんとう




ヤドリ浜のホテル
マリンステイション奄美



Copyright(c)はま All Rights Reserved.
お気に入りブログ
検索
タグ
(68)
(38)
(28)
(19)
(17)
(16)
(15)
(12)
(10)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:島の行事・イベント( 26 )
土俵作り
来週の日曜日、
9月14日は旧暦8月15日。

瀬戸内町のほとんどの集落では
十五夜ということで豊年祭がとりおこなわれます。

f0126607_127421.jpg


そのため本日は集落や公民館・神社の清掃、
大事な土俵作りがありました。

土俵作りは男性陣の仕事。
あっという間にできてしまい、
あっという間にブルーシートがかかってしまい、
美しくなった土俵を写真を撮りそびれてしまいました。

今年は同じ日に開催されるので油井の豊年祭を観に行けそうにありません。
残念。

もしまだのかたは油井の豊年祭おすすめですよ!
県指定の無形民俗文化財です。

いや、でも他の集落もそれぞれ特徴ある出し物などがあって面白そうなんですよね。
うーん。重なるとどうしても観に行けません。うーん・・・。


※9月9日追記
台風13号(シンラコウ)発生。
このままだと14日直撃か・・・。
豊年祭の開催があやうくなってしまいます。

f0126607_21515786.jpg


f0126607_2295639.jpg

[PR]
by agenoshima | 2008-09-07 12:21 | 島の行事・イベント
ヤーマワリ
9月3日は旧暦8月4日。

この日は旧暦八月の初丙(はつひのえ)の日で
奄美ではアラセツ(新節)と呼び、
各地でさまざまな行事があります。

昔は一年の区切りとしてそれまでの豊作への感謝と
新たな年を迎え五穀豊穣をお祈りする季節だったようです。

早朝から夕方にかけて
龍郷町秋名で開催された国指定の重要無形民俗文化財の行事
「ショチョガマ」と「平瀬マンカイ」を観に行ってきました。
それは後ほどまた書く(予定・・・)なんですが、
夜には住んでいる集落でヤーマワリという行事がありました。

ヤーマワリ=家回り。

うちの集落ではその年に新築した家に行って八月踊りを踊るのです。

f0126607_21113939.jpg


まずは公民館にあるミャー(広場)でちょこっと踊ってから
新築した家のご主人の先導にしたがって、
集落民は唄いながら歩いてそのお宅まで行きます。

この時は「イトゥ」というシマ唄のリズムで歌詞を祝い唄にして唄ってました。

家に着いて、お庭でみんなが輪になって八月踊りを踊ります。
どうやらこのヤーマワリ専用の歌詞があるそうです。

途中で休憩をはさみ、
家のかたが用意したごちそうをいただいたり、お酒を飲んだり。

特に女性陣は新築のお宅の内部拝見で大盛り上がり!
「うわぁー、ステキ〜」
「照明がいいね〜」など、さまざまな声があがります。

f0126607_23181132.jpg


今回は50人近くは踊り手が集まったでしょうか。
いつもの八月踊りよりもすごく人数が多くてビックリしました。
やっぱり新築のお宅を覗けるっていうのが人みんなの興味をそそるんでしょうね。

八月踊りも終盤になり
いよいよその家から去るという時!

な、なんと踊りにきた全員が唄いながら後ろ向きで
その家から出て行ったのです。
いやー、これにはビックリしました。
家の主を敬ってのやりかたなんでしょうね。

小さい集落なので
当然ながら毎年新築する家があるわけではありません。
新築した家がない時はこのヤーマワリも行われないみたいです。
去年はなかったような気がします。
だからこれだけ人が集まったのかな。

旧暦八月〜九月は奄美にとって大事な季節。
これからさまざまな行事が目白押しです。

その行事も奄美大島各地、集落ごとにいろいろなやりかたがあるようで
どれも興味深い。
ぜんぶ観てみたいですね〜。

f0126607_21115910.jpg

[PR]
by agenoshima | 2008-09-04 23:18 | 島の行事・イベント
みなと祭り 舟漕ぎ出場
週末、瀬戸内町では「みなと祭り」が開催されました。

9日(土) 相撲大会、 市中パレード、 歌謡・シマ唄・舞の夕べ
10日(日) 海上パレード、 舟漕ぎ大会、 八月踊り、 花火大会

パレードや八月踊り、花火の時も雨が降ってしまい
参加者のみなさん、観客もちょっと大変な2日間。

f0126607_19362949.jpg



そして私は、奄美に住んで初めての「舟漕ぎ大会」に出場!

舟漕ぎってこんな感じです。



子供会対抗、集落対抗、同窓(同級生のグループ)対抗、
女子対抗、オープン対抗という5つのカテゴリーに分かれ、
今回は全部で144チームが出場。
それぞれに予選、準決勝、決勝とやっていきます。


シマッチュの血が騒ぐのか、
「瀬戸内町のどこにこんな人がいるんだ?」ってくらいに
人が集まり盛り上がるイベントで
舟漕ぎに出るために都会から戻ってくるなんて人もいます。

特に同級生同士で作ったチームで戦う同窓対抗は一番参加チームが多いし、
いくつになっても同級生同士でワイワイやってる姿はとっても楽しそうで
よそから来た私には入れない世界だな・・・(長い歴史が培った絆ですからね)と
ちょっぴりうらやましくなるほどです。


私は「遊びでチームを出すから楽しんで漕げばいいからね!」とだまされ(?)
集落のみなさんとオープン対抗に出場。

でも練習はおろか、一度も漕いだことないままに
急に出場することになってしまったんです・・・・。
舟漕ぎって観ていると、経験とかなりのテクニックが必要っぽいんですよね。
こればっかりは練習をして、チームの気持ちが一つになったところが強い。

早いチームは漕ぎ手の息がぴったりと合っていて、
漕ぎ姿がとっても美しいんですよね〜。
子どもの頃から漕いでいるシマッチュはそりゃカッコイイ。

一方、私は初めての経験で自分の出番がくるまでもうドキドキしまくりです。

海に落ちやしないか、他の人の足をひっぱらないか
最後までちゃんと漕げるのか・・・。

とりあえず、直前に漕ぎ方のコツを教えてもらいました(遅すぎ)。
体を舟にピッタリつける、
腕で漕ごうとせずに綱引きの要領で腰をつかって体全体で漕ぐとか・・・。

しかし、スタートの合図がなった瞬間にそんなの吹っ飛んで頭は真っ白に。
もう他の舟を見る余裕もないし、
前の人に合わせて漕ぐのに精一杯。もう必死。
「楽しく漕いだらいいから〜」なんて言ってたチームメイトも
漕ぎだしたらもう真剣です。

いやー、でもでも、すんごく面白かったです。

もちろん漕ぐのはとっても難しかった。
うまく水をつかめないし、まっすぐ漕げないし。

我がチームはかなり惜しくも予選3位。
2位だと準決勝に進めたんですけどね。残念。
でもあれは2回も漕げないなぁ・・・。

とにかく、いい経験になりました!
誘ってくださってありがとうございました。



< 舟漕ぎ大会結果 >

子供会
(1)瀬久井中三チームB  (2)高丘子ども会  (3)瀬久井中三チームA


集落対抗
(1)節子二双会A    (2)清水集落  (3)油井青壮年団


同窓対抗
(1)チキンズ44A   (2)GANG53 A   (3)Baby Boom A


女子対抗
(1)かけろまダック   (2)須子茂レディース  (3)清水集落


オープン対抗
(1)チキンズ44   (2)加計呂麻バス   (3)与名城組 




パレードです。



そしてそのパレードを見る人。なんだかいい風景。
f0126607_19365222.jpg

[PR]
by agenoshima | 2008-08-11 20:16 | 島の行事・イベント
なつのROCA展
みなさま、ごぶさたしております。
なんと5ヵ月ぶりの更新。
でも私は特にかわりなく元気に過ごしております。

そして奄美大島は梅雨明けしそうで、まだしてません。
いったいいつになるのやら?

f0126607_17581780.jpg


さてさて、今日はお知らせです。
去年もお知らせしたなつのROCA展が今年もやってきます。



**************

   なつのROCA展

6月28日(土)・29日(日)

10:00〜16:00

場所:イタリア厨房 イゾラベッラ

奄美市名瀬伊津部町7−15(グリーンストア伊津部店の裏)


気持ちのいい生地で作る「ROCAさん」の服や小物、
やさしい手触りと使い心地の木の器「グリ工房」さん、
そして神奈川から「kitt」さんのアクセサリーなども登場。

その他、蜜蝋のキャンドル、こみかん石けん、焼き菓子などなど
いろいろなものが並ぶとのことです。楽しみ!

詳しくはグリ工房さんのブログにてどうぞ。→Living Sculpture

なつのROCA展 その1
なつのROCA展 その2
なつのROCA展 その3



**************



写真は去年の「なつのROCA展」からです。

f0126607_1758336.jpg

f0126607_1821022.jpg

f0126607_1758511.jpg

f0126607_17593520.jpg

f0126607_17594841.jpg

f0126607_1822362.jpg

f0126607_1823981.jpg

f0126607_1862843.jpg

f0126607_180758.jpg

f0126607_1804242.jpg

f0126607_12563344.jpg

f0126607_181571.jpg



29日(日)は「奄美シーカヤックマラソンin加計呂麻大会」です。
今年も大島海峡を舞台にフルマラソン36kmをシーカヤックで漕ぎますよー。

ちなみに後夜祭のメインゲストはカサリンチュ。
こちらも楽しみです。
がんばります!
[PR]
by agenoshima | 2008-06-26 20:38 | 島の行事・イベント
油井豊年祭
9月25日(旧暦8月15日)に観にいった
瀬戸内町の油井(ゆい)集落の豊年祭。
鹿児島県の無形民俗文化財に指定されています。

いろいろ書こうと思ったら
諸事情で時間がないのでまずは動画で雰囲気でも味わってください。
すでに時間が経っているんですけどね・・・。すいません。

「土俵払い」



「米つき」

[PR]
by agenoshima | 2007-09-27 23:22 | 島の行事・イベント
豊年祭・敬老会
22日に集落の豊年祭・敬老会が行なわれました。

9月25日は旧暦の8月15日。
25日が平日なので各集落ではこの近辺のお休みの日に
「十五夜豊年祭・敬老会」が開催されます。

もともとは五穀豊穣に感謝し
来年の豊作を祈願するという意味合いだと思うのですが、
いまは敬老会も一緒に行われています。
相撲や踊りなどの余興でお年寄りのみなさんに楽しんでもらい
一年に一度、いつもはしずかな集落に人が集い
盛り上がるお祭りといった感じです。

今年は婦人会のお手伝いをしてきました。
朝から「力飯(ちからめし)」といわれるおにぎりをにぎったり、
観に来るお客さんにお茶をふるまったり。
f0126607_18111764.jpg


新生児による土俵入りがあり
その後、子どもから大人まで相撲をとります。
f0126607_18114023.jpg


婦人会による踊りもあったり。
f0126607_18233958.jpg


まわしをしめた子どもたち。
でもゲームに夢中なのは現代っ子ですね。
f0126607_18263892.jpg


75歳以上が敬老席にならびます。
みなさん、いつまでもお元気で。
f0126607_18123312.jpg


おばあちゃんたちは初めて見る私の顔を見て
「あれー? どこの子(誰の子ども)かい〜?」と聞いてきます。
「○○に住んでいる○○ですよ〜。内地(本土)から来ました」というと、
「はげ〜、かんしんね〜」と、うれしそうな顔。

こちらのおばあちゃんたちはよく「かんし〜ん(感心)」とよく言います。
「すごいねー」「えらいねー」って感じで。
これを言われると子どもにかえったみたいで嬉しいんですよね。


婦人会のみなさんと炊事場にいると
「ほら、お菓子食べなさい」「おにぎり食べなさい」
「あれ飲みなさい」「ほら座って休憩して」と、ものすごい攻撃(笑)。
もちろん、新顔のわたしに気を使ってくださってのこと。
断るわけにはいかず、お腹いっぱいに食べて苦しいくらいでした。

豊年祭が終わって家に帰るとぐったり。
婦人会のみなさんのなかに入るの、ちょっと緊張してたようです。
でもとても楽しい一日でした。

豊年祭の最後に踊られた「八月踊り」。



エキサイトブログってYouTube貼れないんですね・・・。
[PR]
by agenoshima | 2007-09-24 20:29 | 島の行事・イベント