南の島で旅するように暮らす日々 by はま
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
はじめに
日々のこと
島の風景
島の行事・イベント
島であそぶ
島の味
島のお店
島の台風
島ならでは
喜界島
島のそとのシマ
おしらせ
大分
ベトナム
未分類
以前の記事
2012年 08月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 10月
2010年 07月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 03月
最新のトラックバック
鳩浜のラーメン屋「ぶるはち」
from あまみ便りblog
シマのトップセールスマン..
from あまみ便りblog
久々の行動力!
from MT.FORTUNE
カリプソでガレット&クレープ
from MT.FORTUNE
ジャッジ ~島の裁判官 ..
from MT.FORTUNE
いろいろリンク
●これまでの
「あげーのしま奄美」
その1
その2

●瀬戸内町
瀬戸内町
こころゆったり島時間(加計呂麻島・請島・与路島)

●奄美大島の他市町村
奄美市
龍郷町
大和村
宇検村

●奄美のメディア
あまみエフエム ディ!ウェイヴ
南海日日新聞
あまみんちゅ.com


●奄美・沖縄つながり
Marine Station Blog
あまみ便りblog
海辺のさんぽCafe
奄美大島ダイビングサービスDive cico blog
奄美・加計呂麻島なんでもありBLOG
奄美大島☆撮影日記
奄美大島 スタジオーネのダイビング日記
ユルリ ビヨリ
徒然なる奄美
シマだより
チルチルCafe
奄美ふりかけ
37.6
なんくる主婦の年中わーばぐち
奄美カンポンLIFE
南の国から〜奄美カンポンライフ番外編
カメラと写真と奄美大島と
かなしゃる島blog
わん、ブラジルにいるっちょね
MT.FORTUNE
あまみエフエム ディ!ウェイヴ
奄美の島々の楽しみ方
ティギティギ
カフェあまんゆ
ジェラートとカフェとお花と子育て〜奄美大島から〜
奄美飯
Living Sculpture
ON THE ROAD
てげてげ撮影日誌
もばぴーが見た奄美
シアワセの瞬間
美乃里ママの奄美大島とダイビングと料理と育児日記
にこにこ島暮らし〜料理とオヤツと育児
ムル、ほこらしゃ日和
虹の島5マイル



●いろいろ
いつまでつづくかな日記
sabori/17.4Hz
Deburin's Blog
Jack in the box
[人往高処走、水往低処流]
パラダイス天竺夫婦日記
国内旅行ガイド 名勝・史跡★百景
こんなんでエエんかしら
 ̄(=‥=) ̄写真付★活動報告
kerokero diary
続 浮き沈みの毎日
まろっちのてげてげ日記2
G’sコラム アウトドアなブログ
Cheap memo
安曇野森人生活
安曇野カンポンLIFE
家島日和〜島人目線〜
おやっとさぁ〜鹿屋編「キャン太の旅」
てふてふEOS日記
てげてげ節
子連れでおでかけin鹿児島
OuiOui
いいコトバ
Love Love Sweets
キトノマメカの展示会ブログ
再現批評

はなひろガーリー

●ヤギさんつながり
はたかおりと羽太雄平、なな、むっくのおうち2
ファーム武岡物語


●お友だちの洋服屋さん
お洋服のセレクトショップ kitt



●奄美の食品・おみやげ瀬戸内町古仁屋の奄美物産


●黒糖焼酎を買うなら
卓ちゃんの瀬戸内酒販




瀬戸内町観光大使ぐっさんのアルバム。
「白い砂浜へ」は瀬戸内町をイメージ




奄美の暮しを感じる本



古仁屋名物「田原製菓」の黒糖かりんとう




ヤドリ浜のホテル
マリンステイション奄美



Copyright(c)はま All Rights Reserved.
お気に入りブログ
検索
タグ
(68)
(38)
(28)
(19)
(17)
(16)
(15)
(12)
(10)
(8)
(8)
(7)
(6)
(5)
(5)
(3)
(3)
(2)
(2)
(1)
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:島ならでは( 3 )
シマ唄が聴こえます
さきほど窓の外からシマ唄が聴こえてきました。

誰かCDでも流しているのかなぁと思いきや、
曲が終わると、拍手!

なんと生シマ唄でした。

瀬戸内町役場の人事異動が発表になったので、
どうやら、その「ゆえ(お祝い)」がご近所のお宅で行なわれている模様。

この町では、退職する方はもちろん、
昇進でもみんなが集まってお祝いしたりするんですよね。
町では役場の人事は一大ニュースです。

いやー、それにしてもシマ唄が自然に窓の外から聴こえてくるなんて
とっても贅沢。

ステージじゃなくて、こういう日常にとけ込んだシマ唄をもっと聴いてみたいものです。
[PR]
by agenoshima | 2009-03-31 19:26 | 島ならでは
チヂンつながり
f0126607_23323861.jpg

今日見たタクシーの絵。チヂンと三味線でした。奄美のタクシーやバスは島らしいものを描いたのが多いですよね。ハイビスカスとか、大島紬の柄とか。観光客には気分が高まりますねー。
[PR]
by agenoshima | 2007-11-08 23:32 | 島ならでは
大捕物帳
夜9時頃、車に乗って小さなシマ(集落)の道路を走っていると、
道の真ん中で知り合いの車がライトを照らしたまま停車していました。

「ハブじゃない!?」と相方。

知り合いが熊手(!)を片手にハブを獲ろうとしてたのです!!!

ギャャァー! 
私と相方は興奮して、すぐさま車を降りました。

ハブが道路を横切っているのを見たことは何度もありますが、
実は獲るのを目の前で見るのは初めてだったのです。

ハブを捕まえて役場に持っていくとなんと4000円もらえます。

だからタクシーの運転手さんとか、
地元の人はハブ棒(ハブを捕まえる棒)とハブ箱(ハブを入れる箱)
いつも車に積んでいる人も多いのです。

でも知り合いも内地から来たIターン者で、
どちらの車にもハブ箱もハブ棒も積んでなんかいません。

近くにあった棒状のものでハブを押さえるのが精一杯。
知り合いの車に積んであった大きなタッパーみたいなのに入れようとしますが、
なかなか入ってくれない。

そんな騒ぎを聞きつけてすぐそばの家のおばちゃんたちが寄ってきました。

「ハブ、ハブがいるよ〜!」と相方が言うと
おばちゃんたちも興奮。

このハブが家の中に入ってきたらたまったもんではありませんからね。
だからなんとしても相方たちは捕まえなければならない。

相方と知り合いが熊手と棒でハブを押さえようとしているのをみて、
おばちゃんが「あっげぇー」「そんなんじゃダメよ〜!」とダメだし。

私「すいません、ナイチッチュ(内地・本土から来た人)なんで・・・」と言うと、

おばちゃん「だろー! (ハブ獲るの)ヘタクソ〜!」って。

ス、スイマセン(涙)・・・。
これでも必死でがんばってるんですけどね。
確かに相方たちは写真で見ても明らかにへっぴり腰(一番へっぴり腰が相方です)。


f0126607_1165570.jpg


そこでちゃんとハブ棒を持ったおじちゃん登場。

やはりこのおじちゃん、シマッチュ(島の人)ですね〜。
ひと言もしゃべらず、落ち着いた様子でハブに向かっていきます。

狙いをさだめてハブ棒を「カシャッ!」。
ハブ棒は細長い棒に大きなかぎ針のようなものがついていて、
引き金を引いてハブの首根っこ(どこが首?)を捕まえます。

奄美大島開運酒造さんのブログにハブの捕り方の説明がありました。
ハブのとりかた
ハブ1匹4千円

しかし、この捕まえたハブをハブ箱に入れるのがけっこう難しいみたいです。
しかもここのあるのはタッパーみたいなやつ。

そこで、おばちゃんが「コレ、コレにまず入れなさ〜い」と持ってきたのは
畑にあった配合飼料を入れるような大きなビニール袋。

おじちゃんがそこにハブを入れて、
ヒモでビニール袋をグルグル巻きにして口を閉じます。
ハブが窒息しないかちょっと心配ですが車の中で出てきてしまっては命が危ない。

ビニール袋に入れたハブをさらにタッパーに入れて
知り合いはそれを車に積み、
ハブ大捕物帳はやっと終了しました。

ひゃー! 疲れましたー!

私は見ているだけでしたけど、
しかも途中で「あ、カメラカメラ」と
こんな時もジャーナリズム精神を忘れません。
でも興奮しまくってて、ほとんど撮れませんでした。
ちゃんとハブ写ってないし。

原ハブ屋さんで「ハブと愛まショー」を何度も観ているので、
ハブの獲り方、確保した後の作業などいかにも簡単そうで
自分にもスムーズにできそうな気がしていましたが、
やっぱりわたしには無理ですね・・・・。
知識はかなりなものだと思うんですが(笑)。

目の前にハブがいたら、ものすごくコワいよなぁ。
カエルの気持ちがよく分かりました。

あの長い体でこちらに向かってきて、
ハブにうたれたら(ハブに咬まれることをこちらでは「うたれる」と言う)・・・。

たとえハブを見つけて「あ、4000円が落ちている!」と思っても、
(島に3年も住んでいると、最近はハブがお金に見えてくるように・・・)
慣れない人は手を出してはいけませんね。
本当に危ないです。



****

次の日。

捕まえられたハブは無事に役場で換金されたそうです。

お腹がちょっと裂けていたし、
もしかして窒息していて死んでいたらお金がもらえないのです。

相方はなんと1000円も分け前をいただいちゃったとか。
Iさん、お気遣いありがとうございます!

相方がこれに味をしめて
ハブ箱とハブ棒を買わないか心配です。
[PR]
by agenoshima | 2007-10-12 22:46 | 島ならでは